AGS&TRS公式ブログ

アニメやゲーム、鉄道から引き寄せの法則…普通に日常まで幅広く書いていきます。コミケや表現の自由に関しても書いていきますのでよろしくお願いします。

おぎの稔氏 犯罪収益移転防止法違反の件について

報道ステーション(10月3日放送)で実は、この件を知ったのですが

翌日に急性扁桃炎を発症致しまして、記事にする事が遅れました事を

お詫び致します。しかし第一報を聞いた時は少し言葉を失いました。

何分、夏コミの時にFGOのガチャの話をしていたって事もあり

あの人が?とは思ったのですが、どうにも事実のようで…

報ステは過剰報道な所がありますので全てが真実とは限りません。

 

※10月6日午前6時7分に加筆致しました。

f:id:AGS_TRS:20181006032807j:plain

画像はTwitterより引用致しております。

まず、犯罪収益移転防止法違反とはどういう罪になるのか説明させて頂きます。

この法律はマネー・ローンダリング振り込め詐欺などを防止する目的

として制定されています。通常ならば議員という立場上

知りませんでしたと言ったとしたら大問題になります。

議員である限り知っておかないといけないのですが、荻野氏は

知りませんでしたと言ってしまった事によりTwitterで炎上しました。

同法第24条~30条によって規定されている事なので、知らなかった

で済むはずがないのです。逮捕例もあります。


<銀行口座不正利用>維新・荻野稔大田区議が弁明会見。柳ヶ瀬都議が同席

今回、荻野氏は被害者に弁償すると言っておりますが、荻野氏の知っていたという

金融業者が闇金である事は、ほぼ間違いはないと考えられます。

どんなに弁解しようとも「ヤミ金」に通帳やキャッシュカードならびに

暗証番号を渡してしまったら、例え被害者であっても加害者になる可能性も

あるという事に気付きませんでした…で通るなら警察は要りません。

今回のケースは同法28条に該当します。

じゃあどういう風に扱われるの?についてですが、

懲役1年以下もしくは100万円以下の罰金と28条では定められています。

今回、振込詐欺に遭われた方が200万円という事なので、

報ステが口を滑らせていますので会見内容と放送内容が異なります

逮捕を逃れたとしても計300万円も払う事になるという事でいくと大損失にも

なりますが、それ以上に有権者を裏切ったという責任を取る必要もあるという点

から厳しい言い方をしますが、議員バッチの返上(議員辞職)が妥当という事に

なります。件が発覚してからおぎの稔氏のTwitterの更新は完全に10月2日以降の

停止を確認しております。

議員辞職と同じくらいの重さにあたる党員資格永久停止処分ですので、

少なくとも東京維新の会所属は名乗れません。

荻野区議の性格からして恐らく議員バッチの返上はないと思いますが、

次の大田区議会選挙で当選できるかについては、それは有権者が判断する事で

あって当ブログ管理人が判断するべき事ではありません。当ブログ管理人は

大阪府の人間であって東京都民ではありません。荻野氏にはTwitter

きちんと改めて弁明する必要はあるかと思います。じゃないと、あいつ

逃げたな?と思われたとしても否定が難しくなるだけです。

ちなみにですが、Twitterでおぎの氏のフォローは敢えて解除しておりません。

警察の事情聴取や捜査などの関係もあるでしょうから迂闊に言えない事も

あるとは思いますが別にTwitterで発言するなとまでは警察も言いません。

言える範囲できちんと謝罪して頂くのが責務でないか?とも感じます。


この法律に関しては警察庁の専門ページに記載がありますので、

ご確認して頂くのが確実かと思います。明日は我が身、くれぐれも

ヤミ金に限らずキャッシュカードや通帳は第三者に渡さないでください。

JAFICトップページ|JAFIC 警察庁

大変残念ですが裏切られた感が強いです(´・ω・`)

Twitterでの弁明と謝罪を強く求めます。

 

マネー・ローンダリング 反社会的勢力対策ガイドブック-2018年金融庁ガイドラインへの実務対応-

マネー・ローンダリング 反社会的勢力対策ガイドブック-2018年金融庁ガイドラインへの実務対応-